高等職業訓練給付金を使う方法

高等職業訓練給付金ってどんな資格で使えるの?

看護師、介護福祉士など専門性の高い仕事へ就業するための資格を取得するため1年以上養成期間で就業する場合に就業期間中の生活費を負担してもらえる給付金。

他にも2024年までとされていますが、「Webクリエイター能力認定試験エキスパート」など、Webデザイン関連のスキルを身につけるコースも給付対象となっています。

学校によっては12ヶ月かけてWebデザインの基礎から動画編集までのコースをカリキュラムとして組んでいるところもあるため、学費は高いですが、最終的には給付金で補えるため、パートをしながら学費はローンを組めば、1年後には収入が増えていると考えればかなりお得なシステムだと思います。

給付額は、住民税非課税の場合は月に10万円。最後の12ヶ月は月に14万円。

住民税課税家庭の場合は月に70500円。最後の12ヶ月は月に110,500円。

また、高等職業訓練修了支援給付金として、養成機関を終了時に5万円支給される。

ひとり親になって子育てしながら働く不安、スキルがないから時給単価の低いパートの掛け持ち。そして、忙しくて子どもと過ごす時間も少ない。

そんな不安を消したい。

youtubeやTicktockなど、動画市場はどんどん拡大しています。2025年には1兆円規模に成長していくと言われており、スキルを持っていれば在宅でしっかり稼ぐことも可能になってくる。

まだまだ成長していくジャンルであり、需要がかなり増えてきている。

学ぶためには無料でyoutubeやブログなどで学べるが、基礎からしっかり学びたい場合は、やはりスクールに通い、抜けどころなく学ぶのが効率的であると思われます。

1年以上のカリキュラムの学校であればオンライン授業で、1日1時間程度講義を受ければ、半年ほどで授業は終わり、後の半年は実践を繰り返し、ポートフォリオ制作など、しっかりと身につけていく方法で、無理なく修了することが可能なところもあるため、気になるコースがあるスクールが見つかったら迷わず問い合わせしてみると良いでしょう。

学費は80万から100万円程が多い印象だが、1年間なら月に14万円をもらいながら学習を無理なく進めることができるため、子育てとパートをしながらもうまく時間を使って勉強の時間を作りスキルを身につけることが可能となるはずです。

短期間で詰め込み型のスクールは、例えば「3ヶ月でマスター」などは、授業だけ終わったら実践の時間があまりなく、身につく前に学校を強制終了となるため、あまりお勧めはできません。

かといって1年間でも悠長にしていたら時間はなくなりますので、スタートダッシュするつもりで本気で取り組んでいくことが大事になってきます。

私も突然シングルマザーになったため、しばらくは最低限の食べる、食材の買い出し、あとはほぼ寝る、などの生きているだけの生活を数ヶ月続けていましたが、子どもの為にも、自分の人生の後半を放心状態で過ごしたくなかったため、一念発起し、新たなスキルを身につけるべくWeb制作と動画編集の道を歩み始めたところです。一緒に頑張れたら幸いです。

ちなみに私の場合、学費が90万円ほどのところ、キャンペーンで75万円程になっているところを見つけ、資料請求→「一般教育訓練給付金」対象であったため、上限10万円の補助対象のコースだったため、こちらも母子家庭、父子家庭の場合は、「自立支援教育訓練給付金」に代えることができるため、上限20万円の給付金を受けることが出来ました。

学費は総額約75万円ー20万円(自立支援教育訓練給付金)=55万円

パソコン代約30万円

初月プラス12ヶ月のカリキュラム(全13ヶ月)のため、

高等職業訓練は、10万円(最初の1ヶ月)➕14万円✖️12ヶ月(最後の12ヶ月)➕5万円(終了時の給付金)=183万円

183万円➖(55万円➕30万円)=98万円←こちらが1年間でプラスになる金額になります。

パートだけでやりくりするよりもかなりの額がプラスになりますよね。

そしてこれを無駄にせず、生活水準は決して上げず、無駄遣いはせず、毎月決まった額は先取りし、NISAなどの運用に回し、子どもの学費と、自分の将来のために増やします。

高校の奨学金は基本、無利子なため、借りることをお勧めします。こちらの記事は別で投稿します。